読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ライターの職がなくなる?AP通信がマイナーリーグ野球の記事作成に「ロボット記者」導入を発表

AP通信による発表

f:id:nontanred:20160704144415p:plain

 

AP通信(The Associated Press)が先週木曜日にマイナーリーグ野球の試合に関する記事を作成することを発表した。記事作成にはAutomated Insightsの人工知能とソフトウェア、そしてMLB Advanced Media (MLBAM)のデータベースを使用する。

 

自動作成される記事はTriple-A, Double-A とClass A gamesを含む142ものMLB提携チームと13リーグにわたってカバーされる。これらは今までAP通信のスポーツ記者が遠征取材も報道もしなかったところだ。

 

これは有能なスポーツ記者の職を奪うこととなるのか

 

AP通信によれば、「心配ご無用」だそうだ。

APは自動作成化に向けて専門家を雇って、一年かけてAutomated InsightsのプラットフォームのWordsmithをテストした結果、顧客である地方報道機関や新聞会社にサービスを提供することができた。

 

このプロセスにおいて、「人間」の記者はどのような役割を果たしたのだろう。

 

機械がアウトプットプットしたものをチェックする仕事

 

報道は極めて正確性とスピードが要求される仕事です。自動作成のシステム導入は技術的に難しくはなかったが、APで野球部署でトップクラスの編集者や記者は自動作成された野球記事の内容の質の確認、評価、修正に一年かかったそうだ。

 

一度プラットフォームを作り上げニュース事態の賞味期限が切れてしまう前に記事を作成できるように信頼に足るものを作ってしまえば、正確性の問題は一切なくなる。

 

APは今後野球以外のスポーツにおいても、AIとソフトウェアを導入していくことは違いない。

 

この場合にもたらされるメリットは、編集者や記者はさらなる調査が必要な大きな案件に注力する時間の確保と新しいデータ資源の活用にある。

 

今後このシステムの導入によって記者の能力が低下しないか、注目したい。

 

この発表からわかること

 

この記事はTechCrunchを和訳して作成しているのだが、書いてあるのは

"So if you’re worried that technology is “stealing jobs” from promising sports writers, rest easy."

 

"有能な"スポーツ記者の仕事は奪われないよ。ってあります。

当たり前のことですが、ある業界で生きていこうとするとやはり優秀でないと人間にも機械にも職は奪われるようです。逆に言うと、頭一つ抜けると機械にはできない仕事が舞い込んでくるようです。