読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UberとTOYOTAが戦略的投資とリース取引を結ぶ。

News

f:id:nontanred:20160525082647p:plain

 

ライドシェア産業が激化している。

 

UberとTOYOTAがリース取引を締結

 

 

Uberは「TOYOTA自動車産業のグローバルリダーでUberのプラットフォームとして世界中でTOYOTA社の車は使用されている」と述べ、Financing Programの拡大を含む様々な面でTOYOTAと提携を結ぶことを発表。

 

詳細は明らかではないが、TOYOTAはUberと提携を結ぶことによってもたらされる交通手段分野の新規開拓に興味を示している。また、ライドシェアリングが普及しつつある国や、規制、事業状況、ニーズの問題を考慮に入れなければならない国に試験を実施するという契約も結んだ。

 

自動運転分野の拡大

 

 

二者間のリース契約はUberのドライバーへのFinancing ProgramやUber Xchangeの拡大を援助するだけでなく、Uberの将来的な自動運転システムへの移行の援助ともみられる。

 

自動運転の件に関しては明言された訳でないが、TOYOTAは昨年11月に自動運転用のAIとロボット開発に10億ドルかけると発表したばかりだ。

 

競合社の動き

 

 

同様にGMは今年初めUberの競合Lyftへ5億ドル投資、フォルクスワーゲンは今朝ニューヨークのライドシェアリングのスタートアップGettに3億ドルの取引を承認したところだ。また、Appleも5月上旬に中国のDidi Chuxingに10億ドル投資し、自社の自動運転システムを構築すると噂されている。

 

 

まとめ

 

最近、日本でもairbnbのような民泊も認可され、古くされた法律ギリのスタートアップが面白いことになっている。日本も2020年までにどれだけ法律が変化するのか注目したい。